読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

あらたな訪問者? 「罪悪感を手放したい!」

どうも。どらちゃんです。

なんかね、

 ■じゃー、その「罪悪感」はどうすれば消えるの?

っていう、心屋仁之助さんの記事を読んでですね。

あー、わかるわかる。似たような相談ちょい前に受けたわー、って
思って心の中で笑っていたらですね。

唐突に、来訪者がやってきました。

ウケケケケケケ、とか笑いながら。

とりあえず、悪魔おじさんっぽい容貌なので、悪魔くんと呼称することにしましょう。


悪魔くん  「ウケケケケケ」

どらちゃん 「初めましてだねえ。」

悪魔くん  「罪悪感とかなあ。負い目とかなあ。めっちゃ好物やねん。ウケケケケケ」

どらちゃん 「あー、きみもしかして、自分責めするときによく出てくる子かな?」

悪魔くん  「なんや。わかっとるんかいな。」

どらちゃん 「相談受けてるとよくわかるよ。きみ、よーくいろんなところで責め立ててるでしょ?

        『なんや、こないなこと思っとるんかいな。自分、酷いやつやなぁ〜』
        『こないに簡単なこともできひんのなぁ。無能やなぁ〜』
        『そないにしたらどんな目で見られるんやろうなぁ〜 ウケケケケ』


        ……とかって、きみの仕業だろ?」


悪魔くん  「せや。おもろいでー?人任せにしとるヤツからかうのは。」

どらちゃん 「まぁ、わからなくはないけどさ(^^;」

悪魔くん  「別になぁ、簡単なことやろ?

        自分で意識して決めてんのやから、それに従えばええねん。
        意識して決めてへんから、ワイみたいのに惑わされんねん。
        人の目気にして、いい人ぶってるから、惑わされんねん。

        自分で意識して決めて、人より自分大事にして、そこ大事にしとったら、
        誰に何言われようと、気にならへんねん。
        気になったところで、振り切れるやろ?

        せやからな、ワイはハンパなヤツがキライやねん。
        ハンパなヤツは、容赦なくやったるんや。」

どらちゃん 「言いたいことの大半は言われちゃったなあ(^^;

        まぁ、負い目とか、罪悪感とか、いい人になりたいとかさ。
        そういう意識って別に消せるわけじゃないしね。

        『あぁ、あるよ?そういう意識。うん。』

        って言えるかどうかじゃないの?」


悪魔くん  「そういうヤツは責めてもしゃーないねん。
        別のこと言うしかないし、ワイの出番やないなぁ。」


どらちゃん 「あー。だからか。

        きみ、悪魔みたいな容貌してるけど、基本的に味方なんじゃん(^^;」


悪魔くん  「だれも敵やなんて言うてへんで?

        ホンマに敵やったら、こないなやり方せーへんわ。」



ってことらしいです(^^;

ま、この悪魔くんが、心の中に現れるのか、
それとも、現実の誰か(たとえば友達とか)に乗り移ってくるのか
様々でしょうけどね。