読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

【不思議ちゃん?必読!】通じない会話?!、の、さらに続き。「不思議ちゃん」と「痛い子」の境目

−MCPコラム 覚醒へと至る道

どうも、なんか不思議ちゃん分析家となりつつある、親方です!w

というわけで、この記事の続き。

さて、不思議ちゃん分析家w の親方が分析した結果、

 

  • 不思議ちゃんは、頑張り屋
  • 不思議ちゃんは、自分責めしやすい
  • 不思議ちゃんは、自分の感性を理解されない(と思い込んでいる、思い込まされている)
  • 不思議ちゃんは、すべての齟齬の責任を自分で取ろうとする
  • 結果、不思議ちゃんは、ゼロから相手に説明しようとして、事態を混乱させる

 

という結論を得ましたw

(反論は随時募集しております)

 

「ただの痛い子じゃねえかよ!!」

 

と思う方もいると思いますが。

そこは不思議ちゃん分析家の親方のことです。

ちゃんと分類しておりますw

 

先の、不思議ちゃんに関する結論は、以下の考え方が大元になっております。

 

不思議ちゃんは、会話の前提がすりあわないことを、

自分の責任だと感じ、自分で責任を取ろうとする。

 

これに対して、「痛い子」は、

 

話の前提がすりあっていないことを認識せず、

たとえ認識したとしても、その前提のズレは、

「相手が訂正するべき事柄である」

と思っている。

 

なので、不思議ちゃんは「かわいい」と思われることはありますが、

痛い子は、単に、「ウザい」と処理されることが多いと思われます。

 

ポイントは、ここで。

 

「相手が訂正するべき事柄」

 

ということです。これがウザい。

 

事実は、相手の前提と、自分の前提が「違う」ということだけです。

 

どちらが正しいとか、間違っているとかではないんですね。

 

ですから、正解があるとしたら。

 

その前提を共有し合い、違うことをお互いに認識する。

その上で、新たな前提を作る

 

です。

 

どっちかに合わせるとか、しない。

 

違うとお互いが認識すれば、

それ自体が、

 

「お互いの前提が違っている」

 

という、

 

「共通の前提」

 

が、できあがりますからねwwwwww

 

 

 

「不思議ちゃんも、痛い子も、まとめてすごい子に!」な覚醒セッションはこちら!

【覚醒セッション】

対面、もしくはSkype等ビデオ通話(お顔が見えることが前提)、

 

詳細はコチラのリンクをクリックしてください。