読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

【MCPコラム】MCP最大の障害?! 苦痛回避ロジックとは?

−MCPコラム 覚醒へと至る道

どうも、親方です!!

f:id:codedrunk:20161201231952j:plain

さて、本日はまず、こちらをお読みいただきたい。

(読んだら戻ってきてね)

snowberry7358.hatenablog.com

 

読んだ?読みました?


では、親方的観点を。

その前に・・・・

 

おぜっきースゲエ!!

えー。ゴホン。

 

全くもって、この通りでございます。

 

ここでさらーに暴露してしまうと、ゆきですが、

 

ケンカをするとあるロジックが顕現します。

そのロジックとは。

 

「どうせ私なんていらないんでしょ!」

「出て行ってよ!」or「出て行く!!」

 

これです。

 

常々不思議に思い、色々とわかった結果が、

 

「自分を無価値に設定することで、

 それ以上の無価値感を認識せずに済むようにする」

 

です。

 

まぁこれ、ゆきに限らず、

誰にでも発生しうるロジックです。

 

一定以上の痛みを得る状況、

苦痛を伴う状況で、自分の価値を低く設定することによって、

目の前の痛み、苦痛を受け入れたフリをすることで、

それ以上の痛み、苦痛を避ける、というロジックです。

 

MCPで言っている、

徹底的な自己認識、自己信頼というのは、

このロジックを持つ方に対しては、ものすごく苦痛な、

苦行に見えるかもしれません。

 

ですが。

 

さて、ここで、親方の過去を。

 

親方、高校生の時、ラグビーやってました。

フォワードで、お仕事は基本的には、

ボールを持ったら、タックルしてくる敵をよけずに、

ぶつかって、突破するのがお仕事です。

 

で、全速力に近い速度で走っているわけですし、

相手もある程度の速度を持っています。

 

ぶつかりゃ、当然痛いです。

練習してたって、痛いものは痛いよw

 

ただ、痛いからって避けると、怪我したり、

余計に痛かったりするんです。

 

痛みは痛みとして受け入れて(つまり痛いことはわかった上で)、

全力で当たったほうが痛くないんですね。

全く痛くないわけではないですが。

 

 

 

さて、これを翻って、

MCP的に考察すると、こうなります。

 

痛みを受け入れて、痛みがあることを認識して、

その上で全力でその状況に対する。

 

この方が、痛み、苦痛は少なかったりします。

 

 

「怒られないと許されない」

という思い込み

「怒られることで許される。安心する」

という苦痛の回避ロジック

 

これが、現実、事実と向き合って、

本当の自分を認識するときの

 

最大の障害かもしれませんね。

 

Matrix Code Programming メニュー

この機会に、本格的に自分と向き合い、変化していきたいのならば、こちら。

Matrix Code Programming - Master Course -

マトリックスコードプログラミング

       マスターコース(6ヶ月・グループ)

  • 覚醒セッション(あなたの在り方を発掘するセッション)60分
  • 6ヶ月のグループカウンセリング(1440分相当)
  • あなた専用の遠隔セッション + 期間内の新月・満月の遠隔セッション
  • 6ヶ月間のメッセージでのフォロー(無制限)

あなた自身の本質に沿った在り方を発掘し、徹底的な自己認識と自己信頼を構築し、本質的に生きていくためのセッションになります。

 

開催日程・詳細はこの記事をクリックしてください。(詳細ページが開きます)

 

codedrunk.hatenablog.com 


新月・満月ごとのテーマに沿って、遠隔で書き換えるなら、こちら。

Matrix Code Programming - Wealth & Partnership -

マトリックスコードプログラミング

  遠隔 豊かさ編 & パートナーシップ編 パック

ブラウザ(PC,スマホ,タブレット)の画面を見ていただき、新月・満月のテーマに調整されたエネルギーを受け取っていただきます。

※豊かさ編、パートナーシップ編の両方の画面をお渡しします。

新月の場合は次の新月、満月の場合は次の満月まで、画面はお使いいただけます。

※一日何回でも、毎日でもお受け取りいただけます。

 (毎日両方受け取ると、1日340円相当です)

 

開催日程・詳細はこの記事をクリックしてください。(詳細ページが開きます) 

 

codedrunk.hatenablog.com