読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

モノの価値 ~それは誰の価値なのか~

あのねぇ。

 

「こんなのにこんな金額かかるの?!」
「こんなに高いの?!」

って言うけどさ。

 

それ、あなたにとっての価値じゃね?
あなたが使うわけでもないのにさ。

 

そりゃまぁ、
公的立場にある人間が、
税金使って色々やったら、納税者としては一言言いたくなるだろうけどさ。

「何故、それを選択したか」
「何故、それだけの金額(に限らず、資源全般含む)かかるのか」


その理由、根拠も提示されてないのに、あなたに判るんかい?

 

『判断つかねぇから、判断できる基準と根拠をよこせやゴルァ』

って吠えるならまだ解るけどよ。



------------------

ものの価値ってのは、
「ソレ」を知ってる人間と
「ソレ」を知らない人間とを較べたら、
全くそぐわないものになる。

 

たとえばの話。

プロのロードレーサー(自転車のね)が乗っている自転車は、
普通に組んでもらうと、かーるく100万円を超える。

 

翻って、普段の生活で使うような自転車は、安いモノだと、1万円しなかったりする。

 

普段使いで自転車に乗ることしかしらない人が、
「ああ、あの自転車150万円だよ」
って言われたら・・・・

 

そりゃ、高いよねえ?

 

でも、大概の人は(というか、少なくともボクの周りの人は)、
その、高い自転車に乗ると、

 

「あぁ・・・こりゃ、違うわ」

 

と納得する。

 

体験しないとわからないものはイッパイあるから。
どれだけ説明してもわからないことはあるから。

 

だから、人の価値観が理解できなくても、
想像できなくても、それは当たり前のこと。

 

それでも、伝えようとしたり、理解しようとするから、
意味があるんじゃないんかな。



そう思うんですよね。