読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

無駄を省くということ ~効率化の行く先~

無駄はよくないことだ。そう考える方はとても多いだろうし、 そのような場合はかなり多いでしょ?

だからといって、なにもかもを最大の効率にしようとするのは どうなんだろう?

その前に、実際にどんな場合が無駄になるのかな。

と言うときの判断の基準が、ボクの場合は、

「必然性」

なんですよ。

まーーーーったく必然性のないものをそこに置くのは無駄。 ちょっとでも必然性があるなら、それは全て無駄とは言えない。

で、最大の効率を求めるっていうのは。

すべてに100%の必然性を求めるってことだよね?

その100%の必然性って、何に対しての必然性なんだろう?

物の見方は一つじゃない。

こちらでは必然性がないけれど、反対側から見たらある、という 場合もあるよね。

だから、最高の効率を求める、っていうのも、ひょっとしたら。

ある一面からしか見てないから、求められることなのかもしれない。

と思うんですよね。