読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

悪魔くん現る!の続き。

どうも。どらちゃんです。

毎度カテゴリーが変わっているのが困りものな悪魔くん

前回の記事で登場したのですが、色々話しを聞いてると納得することしきり。


悪魔くん  「自分らが隠してると思うてるとこ、まぁ悪いと思うとるとこが多いんやろけど」

どらちゃん 「まぁ、本人に都合が悪いから隠してるんだろうしねぇ。」

悪魔くん  「自分はどうなん?」

どらちゃん 「聞くまでもなくそうだよ(^^; 隠したくなるってことは都合が悪いんだ。」

悪魔くん  「そこや。そこがいっちゃん見たくないとこやったとするやろ?」

どらちゃん 「一番ではないかもしれないけど、まぁ。」

悪魔くん  「その、見たくないとこに、いっちゃん欲しいものが埋まってたら、どないや?」

どらちゃん 「たぶん、目いかないんだろうねえ・・・・って、見つからないのはそういうこと?」

悪魔くん  「昔言うてたやんか。欠点は長所や、ってな。

        あれと同じや。
        自分がいっちゃん見たくないとこ、そこが実はいっちゃん認めて欲しいところ
        やったりするわけや。

        いっちゃん認めて欲しいとこ認められへんもんやから、難儀すんねん。
        覚えがあるやろ?」


どらちゃん 「他のことやってみたり、何かで他のこと認めさせようとしたり、
        他には・・・そうだな。なにか代わりのモノを手に入れようとしたり、
        他のことで埋めようとしたり、かな?」


悪魔くん  「なんや。具体的な話は一つも出せへんのかいな。
        まだまだ隠したいとこなんやな?そこは。」


どらちゃん 「独り身で寂しくて毎夜飲み歩いたりとか、そんな話してどーすんだよ(^^;」

悪魔くん  「そういう話が大事なんやないか。

        みんな、うまくいってないときはそういう、所謂バカをやってんねん。
        それ、自分が晒していかんで、なんで人に晒してもらえるん?」


どらちゃん 「まー、そう言われればそうだけどさ。とりあえず一般的な話じゃだめ?」

悪魔くん  「ま、今はええやろ。

        でな。

        いっちゃん認めたいところ、認めて欲しいところに触らへんで他のこと
        したところで、堂々巡りするだけやねん。

        どうにかしたかったら急所を一撃すんねん。
        でも、それをやれるヤツはそう多くないんや。

        せやから、ワイみたいなのがチクチクやってやるんよ。」

どらちゃん 「そうすると、そこには、お宝の山?」

悪魔くん  「自分らには、そうやろうなあ。

        他のヤツらがどう見るかとか、どう思うかとか、どうでもええねん。
        お宝は、そいつ自身のお宝であればええわけやろ?」



まぁ・・・・そうだよねえ。

だいたい、自分の見たくないところ、見まいと隠してるところに、
その人の長所とか、良さとか、あったりするよね。

しかも、自分で巧妙に隠してたり、迂回させるようにしてるから、
なかなか自分で見つけるのは、難しい。


自分の中の悪魔くんの言葉を、いかにも自分の意見だと勘違いして、
自分責めを始める人が多い気がする。


で、そういう人に限って、

「でもー、そうは言っても−」
「でもー、現実はそんなにはー」
「でもー、そんな簡単にはー」

うん、デモ行進だw(@ぢんさん)


大事なのは、向き合う覚悟だけ。

覚悟しても、心が折れそうになったらどうするかって?


うん、また覚悟するだけだよね。
何度でも。







悪魔くん  「で、晒す覚悟は決まったんかい?」

どらちゃん 「そこかよ!」