読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

【願いが叶う?】【ホントに?】

どうも。
どらちゃんです。


「そういえば、呼び名変えたのね。」


まあいろいろ。


「ま、いいわ。

 さて。今日は気づいた事があるのよね?」


うん。
昨日、切り替えスイッチの話したじゃない?


「そうね。」


コメントをいただいたんだ。
すごく嬉しいことなんだ。
けど…(^-^;)


「あら。

 嬉しいことだと言う割には、
 なにやら穏便でない感じね?

 なにに引っかかったのかしら?」


『それもあるね』

ってコメントだったのね。


「そうね。

 なにか反応するようなコメントではないわね。

 さて?」


すごく居心地悪い感じになっちゃって(^-^;)


「あら。

 何が居心地悪くさせちゃったのかしらね?

 少なくとも、コメントそのものや、
 コメントしていただいた方が
 要因ではないようね?」


『あぁ、これでは足りないんだ…』

ってがっかりしたんだと思うー。


「あなた…

 ナニサマ?」


へ?


「あなた、

 その道の専門家?
 研究者?エキスパート?」


いや、全然…


「そのあなたが、

 なんで完璧なものを提供できるの?

 そもそも、なぜ完璧なものを
 提供しないといけない、と思うの?」


え?え?


「あなたは、あなたの感じたものを、

 そのまま伝えればいいの。
 それが完璧である必要なんてないし、
 そもそも、そんなものに意味はないわ。

 完璧なものなら、すべての人が、
 間違いなく理解できると
 思ってるの?」


うっ(^-^;)


「どんなに間違えていようと、

 あなたが感じること、
 あなたが信じたものを、

 あなたのやり方で、伝えればいいの。

 それを見た人は、その人の感じたように、
 それを伝えてくれるだけ。

 『なるほど、ちがう感じ方があるんだ』

 って捉えればいいのよ。

 あなたはあなたでいいの。
 その人はその人でいいの。

 それを認めた上で、気になるようなら、
 なにがちがうのか、確認してみなさい。

 勝手に思い込むのはダメ。
 それは『あなたの』思い込み、
 だからね。

 その人のものではないから。」


完璧主義を人に押し付けてたってこと?(^-^;) 


「あなた自身にもね。」


ふえー。゚(゚´Д`゚)゚。


「そして、

 その完璧主義が、あなたの
 何から生まれているか、理解できて?」


責められる怖さ。
防御。


「もっと深いところ!」


自信のなさ。
自分を認めていない?


「はいOK。

 ここで、『なぜ認めていないか?』
 は、問わないこと。

 あなたが陥りやすかったワナよね。」


なぜ、を追いかけて満足しちゃうからね…。


「そう。

 自信がなければつければいい。
 認められないなら、
 認められるような行動をすればいい。

 『ないから出来ない』

 は、ウソよね?」


しないから出来ない。
あるのに認めていない。


「そういうこと。」


今日はそんな感じ〜



Android携帯からの投稿