読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

【願いが叶う?】レクチャー 感情の切替ついて【ホントに?】

−MCPコラム 覚醒へと至る道

ひさしぶり


「ずいぶんご無沙汰だったじゃない?

 もう忘れてるのかと思ったわ?」


忘れちゃいなかったけどね(^^;


「最近は色々体験してるみたいね。

 今までにも増して。」


そんな感じだね。
まぁ、思考優位でいるはずのボクが、
感情とか感覚がこんなに鋭いとは
思わなかったよ。


「鋭すぎる部分があるから、

 それだとつらいから、

 感じないようにしたのかもしれないわね。


 なんにせよ、感情を感じられるっていうのは
 いいことね。」


それなんだけどさあ・・・


「なにかしら?」


ボクみたいに、感情を感じられない、
感じにくい、感じないようにした人にとってはさ。

どこでどんな話を聞いても、
どんな本読んでみても、

『感情を感じてください、味わってください』

って言われる訳よ。


そうねえ。

 なんでそう言われるかはわかるでしょ?」


まぁ、最近ようやっと、なんとなく。


「そうみたいね。

 で、何か問題でもあるの?」


そうそう。

問題は二つ。


一つは、感情を感じられない人はなにを意識したらいいか。

もう一つは、そうやって感じられるようになったときに。
いままで感じたもののないことだけに、ネガティブな感情に
囚われそうになることがあるの。

その対処をどうしたらいいかね?


「一つ目は、もう、わかってるのよね?」


うん。

『体感覚』
でしょ?

カラダのどこに反応がでるのか。
どんな反応が出るのか、探ってみる。


「そうね。

 あなたが教わった事の中にあったわね。

 感情はあなたの身体に影響を及ぼすわ。
 それが、どんな形であれ、把握できれば
 なにかが発生していることがわかるわね。」


そういえば、キネオロジーなんてのもあるね。
筋反射とか、オーリングテストなんて感じか。

無意識にでも、影響はあるし、カラダは知ってる
ってことなんだね。


「そういうこと。」

もう一つは?


「感情を感じるのはいいけど、それに囚われてしまう問題ね。

 昨日、ワークをやってもらったじゃない?」


いい状態をイメージするっていうやつね?


「そう。

 あれでいいんだけど。

 もう一つ、いい手があるから伝えるわね。」


へい。どんなの?


「あなたは気づいてないかもしれない。

 あなたが状態がいいとき、ノってるときに、

 かならずする行動があるんだけど、わかるかしら?」


えー?


「この前指摘されたじゃない。

 指をならしながら、『よっしゃ!』とか、
 『キター!』とか、『オレさすが!』
 とか。

 聞いてると結構イタイけど。」


(^^;;;;;;;;;ヤッテルナァ

$教えて?! どらちゃん!

この画像はアレだけどw、こんなかんじw


$教えて?! どらちゃん!

これも考えてみれば指パッチンだw
火はでないしこんなに格好よくないがw







「あれがあなたのスイッチ。」


スイッチ?!






$教えて?! どらちゃん!

↑これが?


「あの癖は、たしかに状態がいいときに

 でているわけ。

 ならばその逆で、状態が悪いときに、
 意図的にその行動をスイッチに使うの。

 無意識に感じたことが身体に影響を及ぼすように、
 身体を使った行動が心、無意識に影響を及ぼす。

 わかるわよね?」

なるほどね。

誰にでもそういうスイッチがあるの?


「なければ作ればいいわ。

 ガッツポーズをしてもいいし、
 大げさに喜んでみてもいい。

 神様に祈りを捧げてもいいし、
 なんなら踊ってみる?」


なんでもいいわけか。


「自分がいい状態のときに、

 自然にでる行動があれば、それが使いやすいでしょうけど。

 笑顔でいなさい、っていうのも
 そういうことよ。」

『笑う門には福来たる』?


「真理への道はどこにでもあるわ。

 見えない訳じゃない。

 見ていないだけよ。」


なるほどねー。


「今日はこんなところかしらね?」


へーい。



【やってみよう!】

・周りの人に、自分がノッているときの癖や行動を聞いてみる

・なんでもないようなときに、大げさに喜んでみる

・そのときの自分の身体の反応をさぐってみる。
 (ちゃんとした言葉にならなくてもいいので)

・ちょっとしたことでも、スイッチ行動をとってみる