読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田丸親方の想念書き換え ビフォーアフター

想念改革の匠(自称w) 親方の人生プログラミング教室(マトリックスコードプログラミング)はこちらです。

可能性と現実性

おはようございます(^_^)ノ

ショウちゃんです。


さて、昨日は願いの話だったので、
今日は現実化の話。

願いが叶う、というと、あなたにとってそれは、どういう状態を意味しますかね?

やっぱり、現実に、願った状態が目の前にあり、その状態を実感できた時じゃないかと思うのですが、どうでしょか?


ハイ、今の話、結構重要ですよね?


つまり、

・現実化されても実感できない

と、叶ったとは思えないと。
では逆に、

・現実化できてないが、実感した

場合は?

「そんなこと、できるわけないじゃない。」

本当に?

夢でみたものは?
イメージしたものは?

まぁ、実際に現実化してるものを実感してるわけではないので、厳密に実感した、と言うには違うのかもしれませんが。


ただ、脳は、現実とイメージを区別できない、とも言われていますし。

こちらの詳細に関しては後日、詳しく検討するとして…。


まず、叶ったであろう状態を実感してしまうのは、試してみてもいいのかもしれません。



あなたは、「ソコ」に、いますか?


Android携帯からの投稿